2 :名無しさん@おーぷん 2017/06/30(金) 22:17:38 ID:fzr
UFOとか都市伝説を全く信じない祖父が亡くなって遺品整理をしていた所、10数冊のノートを見つけた
そのノートの中身は全部宇宙人を見たとか、飛行機に並走するUFOを見たとかいう記録だった
目撃した日時や形状などが事細かに書かれてて、自分が思っていた祖父とは全く違う祖父がノートの中にはいた
旅客機操縦中に見つけたと思われるUFOについてもかなり細かく描写されていて、記憶だけでここまで細かく記載できるのかと驚いた一方、
なんだかよくわからない恐怖感もおぼえた
12 :名無しさん@おーぷん 2017/07/01(土) 23:43:14 ID:qSB
>>2
お祖父さまは、パイロットだったのかな?
パイロットは、UFO見ても絶対言ってはいけないらしいね。
13 :名無しさん@おーぷん 2017/07/02(日) 00:48:47 ID:9Dj
>>12
旅客機操縦中とあるから元パイロットなのかなと私も思った
パイロットが「未確認物体を見た」なんて言うと精神面に問題があるとみなされて
操縦させてもらえなくなってしまうから表向きには絶対に認めないっていうよね
現役引退後に「実は不思議現象の目撃なんて日常茶飯事だった」と告白してる人の話を聞いたことあるわ
3 :名無しさん@おーぷん 2017/07/01(土) 00:42:19 ID:dez
目が覚めたら見覚えのない白い天井。起き上がろうとするも身体が思うように動かず、ベッドから転がり落ちるようにしてなんとか立ち上がった。


胃カメラ飲むときの喉にシュッとスプレーするタイプの麻酔?で昏睡したらしく数時間経ってた。
しかも意識がないにも関わらず胃カメラ入れようとしたら暴れたらしく、看護師さんからそれを聞いた時も恥ずかしさで内心パニック。
あと患者が麻酔で意識失っても付き添いなしで処置室に置いておくものなんだね。よくあることなのか?

消化器系の不調で病院たらい回しにされてえらい大袈裟な名前の医療機関で胃カメラ飲んだのに「綺麗な胃ですね」って言われたのも衝撃だった。
5 :名無しさん@おーぷん 2017/07/01(土) 17:20:39 ID:rur
マスオさん状態の俺
女は強しと経験した出来事
嫁の父親は交通事故で2度死にかけ、そこをカルト宗教に付け込まれた
俺がマスオさんになってから三度目、脳梗塞で死にそうになった
連日カルト宗教の信者が義父の入院する病院ではなく、嫁が一人で切り盛りする家に押しかけて宗教施設に連れ出そうとした
しかも義父にも根回し済で、嫁の信仰心の無さの業が親に帰り病気になった
嫁が出家して神に従えば医者に二度と回復しないと言われた脳の障害も治るとマインドコントロールされてた
嫁母と俺は働きに出てたため、気づいたときにはすでにカルト宗教が嫁にべったりつきまとって連日電話攻撃もされていた
気づいたのは俺が通勤中、家からの最寄り駅で後ろからオバサンに線路に突き落とされて足を負傷したとき
目撃者もいて警察の世話になり、その日は家に帰ったら、日中ずっと電話が鳴ってた
ほぼカルト宗教だった
嫁は男手がいるなら丁度いいと俺を連れて義父のいる病院へ行った
そこにはカルト宗教信者の○谷夫婦と名乗る人が見舞いに来てた
丁度嫁が信仰心無いから病気が良くないと教育してる最中だった
嫁は個室の扉をあえて開けたまま、落ち着いた声で
「お父さん、あんた、今私に生かされてるってわかってる?」と恐喝を始めた
○谷夫婦を無視して、今義父の家は嫁の管理下にあること
家の御神体も聖教書も嫁の手でいつでも抹殺できること
もっと言うならマザコンだった義父の母親の位牌も嫁がいつでも排除できること(神の庇護から離れると地獄に落ちると教え込まれてる)
嫁の信仰心が神に届かず病態が良くならないのなら、御神体に何かしたら死ぬ
つまり、文字通り嫁が義父の命を握っていること
マインドコントロールを完全に逆手にとった

その上で嫁は条件を出した
宗教関連の人が見舞いに来るのは構わないし何を洗脳しても構わないが、それを家族の前では一切出さないこと
家には一切近寄らないこと
嫁の命令は絶対であること

話を聞いていた○谷夫婦は激怒したが、嫁の性格をよくよく知ってる義父はベッドの上で土下座しながら嫁に許しを乞うていた
大の男が女々しく泣く姿を始めてみた
嫁は○谷夫婦にも「本人の信仰の自由は何も奪っていない。これ以上しつこいなら病室で騒いだことを理由にあんたらは面会謝絶にする」と跳ね除けた
実際嫁は常に静かな声で淡々と話していたが、○谷夫婦の声は外まで響いていた
嫁が言うまでもなく、少しして看護師さんが来て○谷夫婦は注意を受けていた

それから土日に嫁と義父の身の回りの世話をするために病院に行っているが、宗教関連の人とかち合っても嫁を見た瞬間逃げていく
○谷夫婦以降、一人教職についていたという女信者が嫁に説教をかまし、小さい聖教書っぽいものを押し付けてきたので
嫁がそれをなんの躊躇もなく、ハサミで切り刻んだ挙句約束を破った義父の携帯を目の前で砕いたから
危険人物扱いされてるし、義父は嫁を見ると怯えるようになってる
14 :名無しさん@おーぷん 2017/07/02(日) 02:08:09 ID:XVF
B-29の搭乗員が日本を夜間に爆撃し帰投する際に
謎の発光体に追尾されるという報告が相次ぎ
日本軍の新兵器だとか様々な憶測をよんだが

調査の結果 金 星 だった事が発覚。

戦後も旅客機のパイロットが金星をUFO等と間違える事が多々あり
最近だと2011年1月にエアカナダ機が突然急降下し負傷者をだした事故は
仮眠あけの機長が金星を航空機と誤認しさらに自機に向かって来ていると思い
回避行動をとったのが原因だったりする。
22 :名無しさん@おーぷん 2017/07/02(日) 18:49:03 ID:ib7
もう何年も前のことだけど
某イベントで、カメラ小僧のリュックに顔面を殴打された。
人間一人入りそうな巨大なリュックを背負ってる人がたくさんいて
私は端の方(動線ではない場所)に立ってそれらを見ていた。
背後からいきなり男性が飛び出てきて、勢いよく体を反転させた。
その拍子に男性のリュックが私の顔面&肩に激突。
信じられんほど硬かった。目から星が出た。
カメラ機材一式がギッチリ入っていたらしい。なんか硬い箱も。
総重量は10キロを超えてた。それが勢いよく私の顔に。
吹っ飛ばされたりはしなかったけど、立ち上がれなかった。
そばにいた人たちがその男性を捕まえてくれたんだけど、
男性は「ただぶつかったぐらいで大げさな」って無視して立ち去った。
でも激混みの場所だったからすぐにまた捕まったんだけど、
今度は、自分じゃない、人違いだって、涼しい顔していうんだよね。
でもカバンに私の血がついてるし特徴的な外見だったんで言い逃れできず
目撃していた人や友人らと共に相手を捕獲しつつ病院へ行った。
男性は「イベント後にして欲しい、今日楽しみにしてたんで」って。
病院行ったら私は骨折しててえらいことになった。
それで、これはもうちゃんと公的にやりましょうってことになった。
23 :名無しさん@おーぷん 2017/07/02(日) 18:49:15 ID:ib7
私は、治療費と謝罪があればそれで良かったのよ。
慰謝料よこせとまでは思ってなかった。
ところが、相手&相手母親が絶対に非を認めなくて、それどころか
「ぶつかられたのはこっち。カメラを弁償しろ」とか言い出す始末で
結局裁判までしたんだよ。弁護士の知り合いなんていないから困ったよ。
もちろんこちらが勝った(というか相手が負けた)んだけど、
「あんなに硬いものを、柔らかな素材でガードするようなこともせず、
馬鹿でかいリュックに入れて人混みの中を縦横無尽に動き回ったら
すごくすごく危ないでしょ」ってことは最後までわからなかったみたい。
自分のカメラも弁償しろって最後まで言ってた。いつ壊れたかは不明。
その男性は25歳くらいだったけど、母親の方も
「これは出会い頭の事故で、不運。どちらも痛み分けで終わるべき。」
って口唾飛ばして言ってたよ。
果たして本当に治療費や慰謝料を払ってくれるのか心配だったけど、
相手の父親が公務員(教師!)で、一括でさっと払ってくれた。

その暫く後、弁護士さんから連絡があって、その人またやったんだって。
今度はリュックのサイドポケット?に三脚をむきだしのまま入れて
強面オタクの腕に当たって傷つけて、その場でぶん殴られたんだって。
それで結構な怪我しちゃった上に、相手の人がマジキチっぽくて
大変なことになったらしい。

今でも時々、カメラがみっしり入った巨大リュックを背負って
爆進してる人を見かけるけど、結構周りに当たってるし
本当に危ないと思うよ。書いてたら長くなった、ごめんなさい。
37 :名無しさん@おーぷん 2017/07/05(水) 12:34:48 ID:ga3
常々「あんたが結婚して肩の荷が下りたら離婚する」と言っていた母が本当に実行したこと。
俺の結婚式=入籍の5日後に離婚届を出し、2日後に県外に引越し済みだったこと。
それを直接じゃなく妹を介して知らされたこと。
母が今後も俺と父に電話番号や住所を教える気がないこと。

父は一言多い性格で、30分一緒にいると親子でもムカつく人ではあるんだが
両親とも60過ぎたしここまで来たら離婚なんかしないだろと思い込んでいた。
離婚届は事前に記入もらってたらしい。
父も多分本当に出すと思ってなかったんじゃないかな。
父は「馬鹿なヤツだ」としかコメントしない。
妹は離婚に賛成だったらしい。
俺に連絡先を教えないのは「あの子の幸せに水をさしたくない」が建前
「あの子は説教するから嫌だ」「訪ねて来そうだから嫌だ」
「嫁姑付き合いが嫌だ」が本音らしい。
いい年して何してんの?と言いたい。
家出した女子高生かよ。
42 :名無しさん@おーぷん 2017/07/05(水) 14:39:48 ID:XJo
>>37
>家出した女子高生かよ。
一言多い父親の血を受け継いでいるんだなあって一言ですね
46 :名無しさん@おーぷん 2017/07/06(木) 11:43:17 ID:yIE
伯父(父の兄)は今で言うニート。一回も働いたことがないらしい。
ニートという言葉はなかったから皆「ぶらぶら病」とか「何にもせんにん(仙人)」とか呼ばれていた。
ずっと祖母と二人暮らしで、祖母の年金と、祖父の軍人恩給?で食べていた。
伯父の祖母に対する態度はひどくて、怒鳴ったり小突いたり、平手で叩くこともあった。
父や叔父が何度か祖母と伯父を引き離したんだけど
伯父は一人で生きていけないし、家が臭くなって近所から苦情が来たりで
仕方なく祖母がそのたび帰っていた。
「自分が帰った方が、周りに迷惑かけないで済むから」と。
祖母が八十歳越えても伯父の態度は改まらず、殴ったり蹴ったり、お金を取ったりしていた。

しかし祖母が去年他界。
伯父は一人になった。
なぜか父か叔父が自分を引き取ると思い込んでいたけど、当然どちらも拒否。
祖母の年金も軍人恩給もなくなり、伯父は今祖母が遺したお金で細々と食べている。
父と叔父は相続放棄したから、一応住む家もある。

日曜日、伯父の家に用事があって母を車で送っていった。
滞在時間は10分くらいだったんだけど、こっちが用事を済ませ、お仏壇に線香あげてる間も
伯父はずーっと祖母の思い出話をしていた。
それが全部嘘だったのが衝撃というか…
祖母の着物を仕立直す手配をしたのはうちの父で、家のリフォーム代金を出したのは父と叔父、
晩年、祖母のお風呂の介助をしてたのは叔父の奥さん。
それが全部、伯父の脳内では伯父がやったことになっていた。
伯父は祖母に手も上げたことがない聖人君子の孝行息子になってた。
気持ち悪くなってすぐ帰ったけど、あの人これからどうするんだろう。
祖母が遺したお金なんて二、三年でなくなると思う。
六十代だからまだ働ける年齢だけど無理だろうな…
60 :名無しさん@おーぷん 2017/07/07(金) 23:01:47 ID:MoV
コールセンターで働いているが
携帯電話からかけてきていたらしいお客様とやりとりをしていたら
お客様の向こう側からキキーッ!!と言うブレーキ音が近づいてきて
ドンッ!と言う音と共に「あああああっ!!!!」と叫ぶお客様の声が聞こえた
ひょっとして轢かれた?と思って「お客様!大丈夫ですか!?」と慌てて声をかけたら
「なんでもないわよ!とりあえずそれ3個注文!」と元気な声が返ってきた
お客様が大丈夫だと言ってるし声は落ち着いてたから大丈夫だとは思うけど
時折こういう事故みたいな事に出くわすから心臓に悪い
これが一番衝撃だった
別の日には「もしもしっ!早く救急車!おとーちゃんが!おとーちゃんが!」と叫ぶだけ叫んで
切られてしまってこっちも動揺してしまったり
深夜に幼子から「おかーさん……かえってこないの…」としくしく泣く声が聞こえても
こちらとしてもどうしようもなく宥めすかすしかできず、罪悪感にかられたりと
結構しんどい事がある
66 :名無しさん@おーぷん 2017/07/08(土) 12:27:14 ID:zen
五年ほど海外赴任することになり妻を連れて行った。
赴任した年はとにかく忙しく、覚えることだらけで盆も正月も帰れなかった。
妻も現地に馴染むのに苦労していて、あっという間に一年過ぎた。
それぞれの実家とは電話とメールで連絡を取り合っていたが
俺の方はほとんどやってなかった。
二年半ほど経った時、母方の伯母(母の姉)から会社あてに電話が入った。
母が自殺未遂したという報せだった。
仰天し、さすがに会社に頼んで休みをもらい帰国した。
小太りだった母がガリガリに痩せていた。
実家にはなぜか父と、父方の祖母と叔父(父の母と弟)が住んでいた。
叔父は借金癖と浮気癖があり、妻子に逃げられた人。
俺が海外赴任でいなくなった途端、
父が祖母と叔父を呼んで家に住まわせたらしい。
祖母は元々癖が強い人だったが、歳をとってからはまだらボケになり色々悪化した。
施設にいたんだが「子供が巣立ったから」と父が母に無断で引き取ってきたのだと言う。
家はとにかく臭かった。
「汚い」より「臭い」が先に立った。
母は鬱で、家事はおろか、電話を取ることすらできなくなっていた。
会社と嫁に頼みこんで、母を赴任先に連れて行けるようにしてもらい
海を挟んでで苦労したが、なんとか両親を離婚させた。
病室のガリガリの母を見た時が衝撃だった。
誰だこれ?と本気で思った。
68 :名無しさん@おーぷん 2017/07/08(土) 18:05:20 ID:eEM
>>66
今度は奥さんが鬱にならないといいね
71 :名無しさん@おーぷん 2017/07/08(土) 19:44:35 ID:KKn
>>66
その父親は言うまでもなくクソだけど
事情は違えど、66も結果、やってることはその父親と同じだからね
奥さんのフォローたくさんしてあげてね
周りに頼れる人がいない海外の土地でいきなり鬱のトメと同居になっちゃったんだから
67 :名無しさん@おーぷん 2017/07/08(土) 15:47:11 ID:KnH
当方2年目の社会人で同期が約20人いるんだけど、久々に同期会で近況報告してたら明らかに一人だけ私たちの給料ではやっていけないレベルの生活してた。
私も車がほしいなと思ってたから、節約上手でお金の使い方上手でもあるのかなぁと思ってコツを聞こうと質問したら、親からお小遣い貰ってるだけだよって笑ってた。
20代後半の社会人が親から小遣いってのにまず衝撃受けた。額を聞くと年間100万円にもびっくり。加えて、親名義のマンションに入居してるから家賃もかからない。
勝手にしゃべってくれたから知っちゃったけど、生まれてから毎年お小遣いは百万円だそうで、生前贈与で毎年贈与税がかからない額をもらってるそう。
毎年百万円も衝撃だったけど、手取りで年間百万円収入増えるのは羨ましい。
この仕事はきついし、それなりの資産家のご子息ならなんで働くのか聞いたら、労働はお金のためだけにあるわけじゃないでしょと返されて、自分の浅はかさにもショックを受けた。
84 :名無しさん@おーぷん 2017/07/10(月) 15:19:56 ID:SxH
田舎の見栄っ張り県から同じく見栄っ張りで有名な某都会へ転居して来たんだけど、
見栄の張り方が全然違って衝撃。

社交辞令や軽い挨拶でお綺麗な奥様ですね、とか頂いたお土産美味しかったです、なんて言うと
「いやぁ出来の悪い古女房で~」「粗末なものしか差しあげられませんで~」
イエイエ、ウフフアハハ、オチャドゾ-…までがテンプレートな、そよ風のような環境で育って来た。
けど都会に来たら「俺は俺は俺は」「ウチはウチはウチは」「これ凄いのよ!高いのよ!珍しいのよ!」
とまぁおもてなしがとにかく熱波。熱風。

ローカル番組の街頭インタビューを見ていても、
地元「はぁ、へぇ、そんなお宅もあるんですねぇ」
都会「えー!それ変じゃない!?我が家は◯◯が**で///で!」
って、本当に全然違う。

誰に会っても「へー!すっごーい!」ってサーバルちゃんみたいな反応しかできないので
アホの子だと思われてんだろうなーと軽く鬱になっていたけど、
どうやら「田舎の人は明るく穏やかだねぇ」と思って頂けている模様。色々ホントにスレタイ。
132 :名無しさん@おーぷん 2017/07/13(木) 14:02:32 ID:QJh
少し前の話。

某神宮旅行から帰ってきたその日に階段から落ちて足を捻挫した。
翌日、また階段から落ちて青あざをつくる。
三日後に階段を思い切り踏み外し顎を外す…顎って外れると痛いだけじゃなく喋れないし口の中乾くわで大変だったw
翌日病院で治してもらったけど、顎をはめる時の力技はんぱない。
くっそ痛くて泣きそうになる。
なお顔は包帯だらけのミイラ状態に進化を遂げた。
四日後、別の理由で病院へ。
診察後、病院前で意識を失い派手にぶっ倒れる。
その際、左顔面をしこたま打ち付けお岩さん状態に…。
意識が戻った時には車椅子の上におり入院確定していた、マジかよ。
入院中、ペットがいきなり亡くなる。それまで元気だったのに、凹む。
それから数日後、私の診察結果を聞かされる。
医者『中学生時代から躁鬱病です』なんだと…。
十数年間気づかなかった、衝撃である。

という出来事が一ヶ月の間に起こった事。
今年はもう、何も起こりませんように…
134 :名無しさん@おーぷん 2017/07/13(木) 20:28:56 ID:gH9
>>132
お祓い事案だな。香取、鹿島、諏訪の軍神系のところでの。
悪い者が出かけている意味で好機だと思う。
検討してみてね。
昔っから言われているのは、「呪われている」と神社仏閣には、確実に縁遠くなる、行きたくなくなるのも書いておくわ。
138 :名無しさん@おーぷん 2017/07/13(木) 22:48:43 ID:QJh
132です

実は先週、諏訪大社に行ってきたよ。
お祓いはしてもらわなかった…してもらえばよかったかな。
ちなみに某神宮に行く前に、そっちの筋の人には『君は体質的にそういうところに嫌われてしまうから気をつけてね』とは言われていたw

某神宮内では両足攣って歩けなくなるしでこれも衝撃。
それまでなんともなかったのにw
154 :名無しさん@おーぷん 2017/07/14(金) 20:55:13 ID:c07
高校生の時、同じ学校の双子の兄の方を好きになった時
まわり皆その2人をかなりソックリだと言うので
こんなに兄弟で顔も声も仕草も性格も違うし
髪質も違うし後姿でもどっちがどっちだか分かるじゃん
なんでみんな見分けつかないの?意味わからんと思っていた。

が、兄に彼女が出来てしまって諦め通り越して何故かサーッと冷めて
次の日には双子の区別がつかなくなってた。
恋は盲目っていうけど恋で目利きになる事もあるんだな。
158 :名無しさん@おーぷん 2017/07/15(土) 10:02:41 ID:q0P
義家族全員が一度のトイレで尋常じゃない量のトイレットペーパーを使う。
旦那は交際時から3年かけて普通量程度に変えてもらったけど、同棲開始当初は本当にビックリした。
旦那が一回トイレするだけで取り替えたばかりのトイレットペーパーが大袈裟ではなく3分の1くらい無くなるんだよ。
旦那曰く、仮拭き・本拭き・仕上げ拭きで3~5回拭かなきゃならないからどうしてもこれくらい必要になるらしい。
むしろこれでも家族の中では少な目に使ってる方だと。
結婚後に初めて目の当たりにしたけど、本当に義家族全員が旦那以上にありえない量を使ってた。
日に3~4ロール取り替えるのは当たり前らしく、買い置きを置いておく部屋はトイレットペーパーで溢れかえってた。
これが義実家内だけなら構わないんだけどお店でも我が家に来た時でも使用量は変わらないから地味に困る。
174 :名無しさん@おーぷん 2017/07/16(日) 21:37:24 ID:ksR
少し前に旦那に付き合ってトヨタに行ったんだ。
そしたら知り合いがトヨタの中に
犬2匹連れてきてて少し引いた。
別にそこのトヨタ
ペット同伴OKとか書いてあるわけじゃないし
むしろ営業の方はハッキリとは言わないが
迷惑っぽい事言ってた。

トヨタの人に知り合いとバレたくなかったので
早足で逃げるように
奥の席に座ったわ。

私の友達とか犬の大きさ関係なく
コワイって言って
犬見たら逃げる子がいるし
世の中アレルギーの人もいるのに。

そんな私も犬飼いだけど
ペット同伴OKと書いてある所以外に
わざわざ連れて行きたいとは思わないから
知り合いがトヨタにまで犬連れて来るの見て
衝撃だった。
175 :名無しさん@おーぷん 2017/07/16(日) 21:42:22 ID:nzS
>>174
クレーム案件に「犬の毛のようなものがついていた」というのがあるからそりゃいい顔はしないでしょうね
抜けた毛が風でお客様に引き渡す車のホイールに挟まっていて気づかず、店舗に来店したお客様が見つけたと
186 :名無しさん@おーぷん 2017/07/17(月) 10:12:39 ID:E4Y
皆さんの話に比べると、ちっさいのですが…

昨日スーパーで買い物していたら
「見えないから、どいてください~」と若い人に言われ、あ!商品が見えないのか?と横にずれました。
「見えないって言ってるでしょ~どいて~」と更に言われ、メンドくさくなって適当に商品選んでその場から動いたんです。
そしたらその人「はーい!こっち~!ママここですよ~」ってヨチヨチ歩きの赤ちゃん呼んでる。
赤ちゃん7~8メートル向こうだし、まさか混雑するスーパーでヨチヨチ歩きの赤ちゃんを1人放流しているとは思わなかった…
そのママさんの横にベビーカーも無いし、子ども乗せられるカートも無い。
巻き込まれるのが怖いから、さっさと移動したけど、最近の若いおかあさんってこんなものなんだろうか?と思った私は、しみじみとオバさんになったと自覚したのが衝撃…
202 :名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火) 11:56:57 ID:dyG
学生のときコーヒーやエナジードリンクを飲んでたら
同じゼミの子に「それカフェイン入ってるでしょ!」と叱られることがよくあった
それがどうしたと思いながらスルーしてたら、次第におかしくなってきて
自宅からでっかい水筒に入れた麦茶を持ってきて、ゼミ生どころか
学内の知り合いに手当たり次第に飲むように強要してきた
「カフェインなんてとっちゃだめ!」ってもはや宗教みたいだった

おまえいい加減ヤバイぞ、カフェインに親でも殺されたかwwっておちょくったら
実は本当にその子の親がカフェインの急性中毒で搬送されてたそうで
一時は命も危うかったって言われた
実際、カフェイン急性中毒で死亡例もあるって教えてもらった
カフェインで死ぬのかよ!と衝撃を受けたので、暴言については素直に謝って
彼女の前でコーヒーを飲むのをやめた
212 :名無しさん@おーぷん 2017/07/19(水) 23:37:26 ID:R5V
体験とはまた違うかもだけど
「好きなこと以外したくない、好きなものに囲まれて生きて生きたい」と小中高ろくに勉強もせずに遊びまくっていた妹
ある日「好きなこと以外したくない」の精神でいきなりその分野の勉強に目覚めて
独学で資格を取り、サクッと就職して、独立して、開業した店を繁盛させていること
今では同分野の講師までしていること
ちなみに中学から付き合っていた人と結婚している
昔から「赤ちゃんは女の子が良いね」と言っていたけど、偶然とはいえ本当に娘を産んだ
好きな事だけして好きなもの(人)に囲まれて生きている
三人姉妹で一番好き勝手していた妹が一番出世したし一番人生謳歌している
有言実行すぎて衝撃
そして羨ましい
223 :名無しさん@おーぷん 2017/07/21(金) 09:34:47 ID:BNU
夏になったら毎年思い出す体験

小学校高学年の頃、いとこたちに混じって叔父さんに海に連れていってもらった
腰より下の浅いとこできゃあきゃあ遊んでいたんだけど
、叔父さんが突然鬼のような形相になって子供たちに「浜にあがれ!」て怒鳴って
ざぶざぶ別方向へ走っていった
何?何?て驚いて見てたら、近くにいたお母さんと子供二人に近付いていって
水面に顔突っ込んで遊んでいた子供の一人(多分小学1年か2年かくらい)をいきなり掴み上げた
そのまま脇に挟んで引きずる感じで浜まですごい勢いで歩いていく
お母さんはもう一人の小さい方の子供の手を引っ張って半狂乱で叫びながら追いかけていくし、
いとこたちもうちの兄弟もパニックで追い掛けた
叔父さんが誘拐?!誘拐犯?!ってめちゃくちゃ焦って怖かったのを覚えてる
浜までついたら、叔父さんは連れてきた子を抱き込んだまま座り込んで、ぐってその子のお腹を押した
ベコッてお腹がへこんだのが見えて、
叔父さんが子供殺した!ってものすごいショック受けた
と思ったら、漫画みたいにその子の口からジャバーって水が大量に出て、咳き込み始めた
咳き込みながらヒイヒイなきはじめたその子を見て、追い付いたお母さんが叔父さんをバシバシ叩き始めてもうカオス
「お母さんおちついて!」と叔父さんが宥める合間に
「救護所行って溺れた子がいるって言ってきて!」って言われて
ようやく、その子が溺れてたんだって気づいた
いとこのうちで一番年上だった子が救護所に走っていく間も、私呆然(使えない)
お母さんもようやく状況を理解して叔父さんを叩くのをやめて、
半泣きで謝ったりどうしてどうしてって繰り返しながら溺れた子をさすったりしてた

人が溺れる時って、たすけてーバシャバシャ、みたいな感じだと思ってたから、
静かに、しかもあんな近くにお母さんがいるのに気付かないくらいスルッと溺れるもんなんだと知って衝撃的だった
本当に、お母さんから2mも離れてなかったんだよ
今思うと下の子に気をとられて上の子からつい目を離しちゃったってことなんだろうけどね
叔父さん曰く、本当に溺れる時は声なんか出せないんだってさ

以上、夏の注意換気も兼ねて
水の事故には気を付けてね
240 :名無しさん@おーぷん 2017/07/23(日) 20:50:32 ID:y7z
300万だまし取られた。もう自分の馬鹿さ加減にうんざりする。
40歳にして初めて出来た恋人に騙された。まぁ詐欺師だったんだろうけど。
相手は38歳。美人ではないけど清潔感のある清楚っぽい女だった。初めての恋愛は本当に楽しかった。
これが最後のチャンスだと思って結婚申し込んだら
「死んだ父の作った借金があと300万ある」
「ずっと返してきたから自分の手で返したい」
「あと数年待って、きれいな体で結婚したい」
って言われて「なんて真面目な女性なんだ」って感動してしまった。本当に今思うと間抜けすぎる。
女の母親(多分詐欺師の仲間)にも会ったよ。小汚いアパートで暮らしてたけど、礼儀正しい老婆って感じでコロッと騙された。
「夫の作った借金だからあなたに迷惑をかけられない」
とか何とか言って完全に騙された。男気見せたくて渡したよ、300万。
あとはお察しの通り、会えなくなった。家も引き払っていて消息も不明。
今日警察に行こうかとも思ったけど、なんて言うんだよ
「40のオッサンですが結婚詐欺に会いました」って情けなさすぎて警察署の前で引き返した。
友達いないし、親も死んでるし愚痴言う相手すらいないから2chに書き込むのがせいぜい。
もう何もかもが嫌になった。一生恨む。
241 :名無しさん@おーぷん 2017/07/23(日) 20:59:17 ID:J1s
>>240
悪いことは言わんから被害届出せ。
恥ずかしいだろうけど懲らしめないといかんよ
次なる270を出さないためにもな。
242 :名無しさん@おーぷん 2017/07/23(日) 22:38:07 ID:y7z
>>241
レスありがとうございます。
色々考えましたけど警察にはいかないと思います。
騙されていたとはいえ、楽しい思い出は事実ですし。

それに今まで酒も、女も、ギャンブルもせず、一生懸命働いてきたので正直な話300万なんて大した額ではないんです。
贅沢しなけりゃ老後も十分生きていけるぐらいは貯めてます。
だからもうお金は返ってこなくてもいいんです。
ただ大した額でもなくても私が命を削って稼いだ金を盗られたということが悔しくて。それに全部嘘だったと思うと余計に悲しい。
一言謝ってほしいです。でももういいです。

情けなくてしょうがないですが、楽しい思い出にお金を払ったと思って忘れるように努力します。
244 :名無しさん@おーぷん 2017/07/23(日) 23:08:44 ID:a8S
んだ。被害届け出せ。
今は悲しいけどいい思い出で済んでいても、時間が経てば怒りに変わるぞ。
後悔する前に手を打っとけ。
247 :名無しさん@おーぷん 2017/07/24(月) 01:01:16 ID:01u
昔の同僚A子の粘着に衝撃を受けた話
多分長くなる、ごめんなさい

お互い20代で独身だった頃
私が当時の彼氏に捨てられたので
同僚のA子と2人で東南アジアのリゾート地に旅行に行った

帰りの飛行機、2人とももちろんエコノミーだったけど
「1人だけビジネスクラスが空いてます」と言われ
私は仕事でビジネスに乗ったことがあったし
A子が行きたい行きたいというので譲った
A子はビジネスクラス、私は予定通りエコノミーで帰国

エコノミーの隣の席に日本人男性が座っていた
私が窓の外を見ていたら「席、替わりましょうか?」と声をかけてくれた(断ったけど)
その後お互いが荷物から取り出した本のブックカバーが同じで
ローカルな小さな書店のカバーだったので少し世間話をした

日本に着いて無事に着陸し、お互いが携帯の電源を入れようと取り出したら
まさかの同じ機種(結構マイナーな携帯)
そして同じ球団のストラップまで一緒で
「もうこれは運命だ!」と思ったので
後日食事に行く約束をして連絡先を交換した

この男性は後に私の夫になった
248 :名無しさん@おーぷん 2017/07/24(月) 01:01:50 ID:01u
旅行から帰って、付き合い始めた頃から
「本当は私が付き合う人だったのにー」
という発言ばかりされていた

こちらから自慢したわけじゃないけど
彼からもらったバッグや婚約指輪も
「私がもらうはずだった○○」とうるさかった

彼はその後起業して、安定してから結婚することになった
A子を呼ばないわけにはいかないので
結婚式にはA子も招待

そしたらなんと、A子はどこかで中古で買った
ウエディングドレスを着て現れた
職場の人も共通の友達もドン引き
(この件は後日上司にまで叱られたらしい)

披露宴のスピーチでも
「本来なら私が新婦の席に座ってるはずだったのですが~」
の発言で、親族や昔の同級生達がザワつき
職場の先輩が、私と夫の出会いをスピーチに織り交ぜて
細かく説明してくれてなんとか収まった

この結婚式を期に、私はA子とは距離を置いた
私は退職したんだけど、職場でも痛い人扱いされていたらしい
249 :名無しさん@おーぷん 2017/07/24(月) 01:01:58 ID:01u
その後私はA子のことなんかすっかり忘れて暮らして
子供も生まれたし家も建てて引っ越した

先日久々に元同僚が遊びに来てくれて
「そろそろA子の暴走に法的手段も考えたら?」と言われた

そして見せてもらったのがA子のSNS

結婚後数年は賃貸マンションに住んでいて
家を建てた時の新しい住所はA子には教えてなかったのに
「私が住むはずだった家で~す」と
私の自宅前、一生懸命手入れをしてる庭(柵を飛び越えたら入れる)
私達の愛車の前で「私が乗るはずだった車です♪」
とセルフィーで記念撮影のオンパレード

車内で微笑んでる画像もあったので、地元に一軒しかないYANA○Eに行って
画像を見せて聞いたら
「購入を検討してるから」と撮影しに来て
セルフィーでいっぱい撮影してたとのこ

こっちはとっくに忘れてた元友人に
何年も何年も粘着されてて怖すぎる

「住むはずだった家」っていうのがむかついて
私が祖父から生前贈与で譲り受けて、主人が贈与税払った土地なのに

不法侵入で訴えようか夫に相談したら
自営業だからあまり波風は立てたくないと

さてどうしよう・・・
259 :名無しさん@おーぷん 2017/07/24(月) 10:01:19 ID:eBn
自分が元セコキチだったと最近になって気づいた。

10年近く前、最初に結婚した男が次第にヒモ化した。
私が働いて、家事も全てやっていた。
でも、友人や親族にはそんな状況を知られたら、夫が恥ずかしい思いをして、
より一層立ち直れなくなるかもと、毎日オンラインゲームに励む夫のことなど事実を隠していた。
友人から遊びに誘われても参加したし、両方の親にもイベント毎の贈り物も夫名義でしていた。
疲れすぎて友人との約束の時間に寝坊したこともあった。
寝坊なんてその頃以外はした事が無いので、相当疲れていたんだと思う。

この時期の自分の行動がセコキチだったと恥ずかしいし、申し訳ない気持ちになっている。
友人と某カラオケ店へ行くたびに、そこのドリンクバーのシュガースティックを
毎回20本位くすねていた。
恥ずかしいとは思わず、「この砂糖、良いものだから、あなたも貰って帰ったら」など
ほざいていた自分…
今思うと、お金が無さすぎて精神的におかしくなっていたんだと思う。
人として恥ずかしい。
現在は別の人と再婚して、そこそこ裕福で、最近になってこの事思い出して悶えた。
同時に、生活が不安定だと精神的にも悪影響を及ぼすんだな…と、適正な判断ができなくなるんだな…と。
278 :名無しさん@おーぷん 2017/07/26(水) 02:19:52 ID:zdG
衝撃的な出来事と言えば、7月に後期教育隊への異動があり、前期教育隊の送り出し行事にやって来ていた区隊長の奥様が元、自分の小学校の教師であったことを知った。

私の小学校は学級崩壊レベルで荒れており、児童に暴行されて負傷、入院した副担任の代わりにやって来た30代後半くらいの女の先生がいた。
クソみたいな事なかれ主義の担任、いじめをもみ消そうとする学校側と違い、よく集団で殴られていた私は面倒を見てもらったしお世話になった。
しかし、小学校5年の春、先生は自律神経失調症でやめてしまった。
私は私立の中・高一貫校へ進学し、リンチ死の危機から逃れることが出来てたため高校に備え、体を鍛えた。
何事もなくミリオタの友人に影響されつつも高校を卒業し、一般曹候補生として自衛隊に入隊。
住み慣れた町を離れ、四国の駐屯地へと行き、前期教育を受けた。

最終日、修了式が終わって体育館から出た私たちは、各部隊が用意する車両に乗って異動するのだがそれまでに別れの時間がある。
両親や弟との歓談もそこそこに、班長や教育大隊の基幹要員にあいさつ回りをすることにした。
最後に区隊長の元へといった時に、どこかで見たことあるような女性が近くにいて、聞けば奥様だという。
制帽を取って会釈した時に、その女性に名前を呼ばれて驚いた。
「久しぶり、大きくなったねえ、小学校の時以来やね!」
区隊長も知り合いか?と奥様の方を見て、私も「四国に小学校の頃を知る知り合いなんていたかな?」と考える
すると、奥様は「実家に帰る前に赴任していた小学校の教え子」と説明してくださり、ようやく小5の春に辞めた先生であることに気が付いた。

軽く聞いた話によると、退職後に実家に帰って店の手伝いをしていて区隊長と出会い、結婚された今は専業主婦になっているそうだ。
「夫婦そろって人に教えることは好きだけど、学校の教師として戻るのは怖くて出来なかった」という事を聞き、よく先生に泣きついていた私は申し訳ない思いであった。
区隊長に「徒手格闘は不器用やけど、射撃はうまい」と言われ、「強くなったねえ、安心した」と言ってもらい、私は泣いた。
「まだ早い、送り出しまで取っとけ」と笑われたけど、涙が止まらなくなって涙目で異動のトラックに乗ることになってしまった。

この季節になると、皆のオヤジさんで優しかった区隊長と厳しくも楽しかった前期教育隊を思い出す。
あと、学校を去っていった先生のその後を知り、ひどい思い出しかない小学校時代を振り返ることが出来た。
285 :名無しさん@おーぷん 2017/07/27(木) 07:48:54 ID:oFP
大学時代から付き合っていた彼氏と、お互い就職して一年経った頃に結婚しようって話になった。
それで彼の実家にご挨拶に行ったとき、母親がニコニコして玄関に現れたのに私を一目見てからは急に静かになった。
父親は単身赴任中で、妹さんは合宿か何かで留守だった。
彼が一生懸命場を和まそうとしてくれたけど母親はほぼ無反応で、なんか私、嫁候補としてはNGらしいなと感じた。
帰り道で彼に「なんか私、嫌われたっぽいね。なんか拙いことしちゃったかな」って言ったら
彼が「そんなことないと思うけど、今晩聞いとく」って言われて、お茶したあと別れた。
翌日、その母親から電話があって(あとから知ったけど、私の番号は彼から聞いたわけではなくこっそり彼の携帯の電話帳から仕入れたらしい)
最寄りの駅まで来てるので出てきてほしいと言われて出向いたら、結婚はあきらめてほしいと言われた。
何故か理由を聞いたら「私の人間性を否定してるわけではないので、そこは分かってほしい」と言いつつ「背が低いお嬢さんはちょっと」って。
私、身長153cmでチビではあるけど、それが結婚の障害になるなんて晴天の霹靂とはまさにこのこと。
ちなみにその母親も私と同じぐらいの身長で、彼は175cmぐらい。
で、母親の説明によると、父親は160cmぐらいで妹さんは150cmに少し足りないぐらいなんだって。
双方の祖父母さんたちも曾祖父母さんたちも皆、低身長だったそうだ。
「父方も母方も親戚は低身長な人ばかりで、そんな中でやっと170㎝越え(彼)が生まれて
低身長の遺伝をなんとかしたいと常々夫婦で話してた」そうで、息子の嫁には170cmぐらいある女性を望んでたらしい。
そんなこと言われて「そうですか、じゃあ結婚止めます」とは思えず「それなら彼にそういう女性と付き合うように
小さいころから言い含めておけばよかったじゃないですか。ここまで来てそんな理由で断られても私の気持ちはどうなるんですか?」
と反論したら、申し訳ない申し訳ないって謝ってきたけど「息子が女性とお付き合いしてることを知らなかった」そうだ。
就職後には一人暮らししてるとは言え、大学卒業するまで自宅通いだったし、そんなもん?
その後、彼とご両親の大バトルがあった。父親も母親と同じ意見で、単身赴任先から戻ってきて彼を説得したらしい。
妹さんだけが味方になってくれて「私が好きな人との結婚をそんな理由で断られたら死ぬほど辛い」とまで言ってくれたらしいけど
せめて160cmはないと無理って言い続けてたらしい。
うちの両親も「そこまで反対される家庭に嫁がせるのは・・・」と不安がっていたら、
俺の両親の許可なんか要らんって彼が言ってくれて「今後一切自分の家族とは接触させないから」と私の両親を説得してくれて結婚。
結婚式は教会で私両親と彼妹と、互いの親友だけを呼んでひっそりしたものだった。
結婚してもうすぐ10年、子供も男の子がふたり生まれたけどまだ身長が伸びるかどうかわからない。
彼の実家には、彼の宣言通り一度も行っていない。彼の両親はいまだに私を嫁と認めてないようだし。
思い出すと今でもちょっと面白かったのは、義妹が母親に言い放ったという「デカ林素子ぐらいじゃないと遺伝に勝てるか」と言う言葉。
その義妹は165cmぐらいの男性と結婚したが、やはり身長のことで反対されたらしく義父母とは疎遠気味。
「それ以上大きな人だと首が疲れるのよ」って言ってた。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット