1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:23:28.17 ID:rGKAJmt50.net

こんなん歩兵同士の戦闘の時どうやって破ればいいんですかね…
側面が弱点だけど剣兵や騎兵に固められたら終わりやし
2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:24:01.77 ID:hCLunYD10.net
横から攻めればいいじゃん
6 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:24:52.44 ID:rGKAJmt50.net
>>2
よこは剣兵やら騎兵で固めるのがセオリーなんだよなぁ
3 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:24:08.47 ID:3L3xHRHz0.net
押し返すんやぞ
投石機もあったし
15 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:26:21.81 ID:rGKAJmt50.net
>>3
同じ時代だと投石機なんて攻城のときくらいしか役に立たんやん
24 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:27:54.23 ID:3L3xHRHz0.net
>>15
いやー固まってる所に大量の大きな重い石やぞ?頭に当たったら兜あってもめっちゃ痛そうやん
映画とかでしか見たことないし知らんけど
39 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:30:32.62 ID:rGKAJmt50.net
>>24
精度が低い上に軍の一角にぶちあたるぐらいしかできん ちょっと肩をはたかれた程度
4 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:24:35.33 ID:s7dDslsPr.net
火と矢と石やで
7 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:24:55.31 ID:tj5rZJD0a.net
いつも思うが中途半端に斜めになってる槍はなんの意味があるんや
9 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:25:28.39 ID:3L3xHRHz0.net
>>7
一陣が落ちたら即座に切り替える為やろ?
11 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:25:48.56 ID:MUa0kClF0.net
なんで空に向けて槍むけてんだ
石は槍で防げるのか?
12 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:25:55.11 ID:YGj7eUGw0</div><div.net class="be rPLT">?PLT(14098)
まともにやりあう意味がない。

いしでも投げてりゃ良い。

騎兵に突っつかれつつファランクス側からプレッシャーかけられたら困るが
13 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:26:06.11 ID:cuqgOB+Qa.net
これ先頭だけでええやん
31 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:29:15.45 ID:rGKAJmt50.net
>>13
ファランクスの強みは先頭が倒されても倒されても後ろが槍を構えて同じ体勢で出てくるとこにあるんだよなぁ
17 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:26:46.78 ID:wrEWlUu1a.net
象さんで粉砕よ🐘
19 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:26:55.15 ID:DHAWuZVX0.net
最強はマスケット部隊やぞ
21 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:27:24.25 ID:DDQ8QSzw0.net
歩兵手持ち武器ではそれが完成形やで
日本の長槍隊や近世欧州のパイク隊や
22 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:27:34.33 ID:2gGlKnSH0.net
同じファランクスしかないやろ
あとは側面から騎兵突撃
これも敵の騎兵などに押し返されるならどうしようもあらへんな
23 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:27:43.04 ID:rGKAJmt50.net
当時の戦闘は弓やらの遠距離攻撃戦のあとに歩兵のぶつかり合いがセオリーな
32 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:29:17.02 ID:s7dDslsPr.net
>>23
毎回そのセオリー通り馬鹿正直にやっとったらそら数的優位で決まるやろ
ただのアホやん
43 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:30:50.83 ID:DDQ8QSzw0.net
>>32
現代でもセオリー無視してMTBを減らすわけにいかんのと同じよ
新技術でも投入されん限りはセオリーが一番強い
59 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:34:04.42 ID:s7dDslsPr.net
>>43
諸葛亮孔明の罠完全に無視やん
51 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:32:45.74 ID:rGKAJmt50.net
>>32
そもそも当時の飛び道具は大勢を決めれるほど強くない 結局はぶつかり合いで決まるんや
その上で最強なのがファランクス 多少数で上回るだけの軍ならイチコロですわ
79 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:36:12.71 ID:s7dDslsPr.net
>>51
ほなこいつらが突進しきてきたところに火を撒いて包囲したらええんちゃう
105 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:38:59.68 ID:rGKAJmt50.net
>>79
そんなとこに突っ込むアホはおらんで
112 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:40:00.02 ID:s7dDslsPr.net
>>105
そら突っ込む前に前からバレとったらな
何言うても認められへんのか君
140 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:43:53.19 ID:rGKAJmt50.net
>>112
事実これを使った軍に当時の世界最強帝国がほろぼされたからなぁ
大体これは大規模な軍同士の衝突の時にとられた戦術やし それを前提に話しちゃっとるからすまんな
27 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:28:29.23 ID:qXsPI5Jb0.net
転ぶやついそう
29 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:28:48.87 ID:AzjSWq8k0.net
包囲殲滅陣で瞬殺やろ
37 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:30:14.83 ID:QVcqWiRv0.net
>>29
あながち間違いじゃないんだよなぁ
36 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:30:10.99 ID:PS0KFGvg0.net
バリスタでぶっとい矢をぶち込むゾ 足は遅いから大丈夫
46 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:31:37.77 ID:9lPaO8mY0.net
ファランクス強いんだけどこの陣組める兵を育成するのが大変で
経済が衰退したり社会が弱まると出来なくなるから
100年くらい待てばいいんちゃう(鼻ホジ)
47 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:31:42.59 ID:GJxjY3OW0.net
これどこの戦法だっけ
ギリシャ?
58 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:33:55.54 ID:2gGlKnSH0.net
>>47
ファランクスの原型はマケドニアやないかな
49 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:31:59.62 ID:DYEHI6gc0.net
先頭可哀相じゃん
タヒぬでしょ
60 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:34:04.91 ID:DDQ8QSzw0.net
>>49
先頭の特に右端を担うのは最も屈強な市民の名誉だった
66 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:34:55.55 ID:cMtYwi6Ca.net
>>60
一番無防備やからか?
77 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:35:46.73 ID:2gGlKnSH0.net
>>66
先頭右端は基準点やからちゃう?
115 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:40:44.96 ID:rjfuYbIXd.net
>>66
せや、右側に誰もおらんから強い奴じゃないと任せられん
255 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:05:27.51 ID:QHJA/ctXM.net
>>115
左は?
270 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:09:14.26 ID:rjfuYbIXd.net
>>255
自分が持ってる盾と右隣に居る奴の盾が生存率を上げるんや
やから、右端の奴が一番あぶない
54 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:33:20.45 ID:zW1d1Xqn0.net
これ実際どう戦うのかようわからないんだけど
ゲームみたいに突撃できるわけでもないだろうし
結局チクチクやるだけなのか?
75 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:35:36.20 ID:rGKAJmt50.net
>>54
これで歩みを止めずにジリジリ相手にぶつかっていくんや 前が倒れてもすぐ後ろがでてくるしクッソ長い槍だから敵側はリーチ的になかなか届かないという
87 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:36:55.50 ID:zW1d1Xqn0.net
>>75
前が倒れるとか以前に前が詰まらんか?
98 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:38:26.65 ID:rGKAJmt50.net
>>87
つまらんように列組んどるもんで最強なんよ
110 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:39:44.26 ID:zW1d1Xqn0.net
>>98
うーん、例えば前が詰まっても後ろは急に止まれんやろ?
そしたら前から真ん中のあたりの奴らは押しつぶされて自爆せんか?
124 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:41:27.86 ID:rGKAJmt50.net
>>110
そもそも歩いてにじり寄るもんやし普段から訓練してやるもんやから前がとまったらそこは掛け声とか号令で後ろもストップするようにできとるかと
56 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:33:54.37 ID:Oxcg04e20.net
落とし穴デ一発やろ
61 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:34:13.95 ID:rGKAJmt50.net
ファランクスはかの有名なアレクサンダー大王が当時の世界最強国アケメネス朝ペルシアと戦った時に多用した陣形なんや
64 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:34:36.96 ID:wrEWlUu1a.net
だからインドの象さんには勝てんかったやろ?
76 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:35:46.02 ID:cMtYwi6Ca.net
>>64
言うほど象兵って役に立ったんか?
88 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:37:05.30 ID:WTlu/wnQa.net
>>76
真っ直ぐしか進めんから隊列の間空けて終わりや
93 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:37:59.45 ID:QVcqWiRv0.net
>>76
実際の戦闘能力より、近くまで来られたら気圧されて潰走しそう
107 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:39:12.55 ID:2gGlKnSH0.net
>>93
むしろそれが目的やし
この頃の歩兵は密集が正義やからな
68 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:35:10.32 ID:2gGlKnSH0.net
Wikipedia見たら原型は南メソポタミアあたりで確認できるあったわ
すまんな
72 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:35:26.43 ID:H4xOIrn90.net
平坦で広い土地で騎兵と弓兵や投擲兵いないと機能せんで
特に山岳戦や狭い土地では全く機能せんで

ローマ軍も当初はファランクスだったがその後共和制後期から帝政初期は
散兵戦術もとれるような戦列へ変更しギリシャ世界を征服した
96 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:38:20.00 ID:hd5zj+zfd.net
先頭はでかい盾でも持たせて防御に専念させてほしい
104 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:38:56.87 ID:eNg3RMB20.net
ローマのレギオンは何が強かったんや?
117 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:41:05.24 ID:2gGlKnSH0.net
>>104
歩兵の密度を変更するだけで容易に戦力の集中が可能やからやない?
厳格な編制制度も凄いけど
113 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:40:14.42 ID:8H6L2mbq0.net
島津みたいに刀で端っこから切り崩せばえんやないの?
127 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:42:15.03 ID:s7dDslsPr.net
>>113
当時の戦争では釣り野伏せなんかセオリー通りじゃないから話の前提にもあがらんらしいで
136 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:43:22.52 ID:8H6L2mbq0.net
>>127
でもランツクネヒトも同じことしとるから刀で槍を切り飛ばしながら浸透していくのが一番やと思うけどな
144 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:44:25.41 ID:s7dDslsPr.net
>>136
ワイは野伏せ有効やと思うで
ただこのイッチは当時が〜で全否定やから
148 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:45:36.46 ID:8H6L2mbq0.net
>>144
ファランクスに釣り野伏は無理やろ、統率の取れが軍単には通用せん
180 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:50:37.33 ID:H4xOIrn90.net
>>148
ファランクスはクソトロい
狭いとこや足場が悪いとこじゃ機能せんのよ

その弱点を克服したのが共和制末期から帝政初期のローマのレギオン
167 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:47:34.83 ID:DDQ8QSzw0.net
>>144
それは当然よ
練度は時代と政治制度や教育レベルにタヒぬほど左右される
隊列を組んで平野を行進するのは散兵で戦線維持する練度を実現できなかったからだが
こういう密集体型で前進するのも相当な練度と国家への忠誠心を要したんやで
116 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:40:49.15 ID:ZdzDKIga0.net
当たり前のように前がタヒぬの前提の戦術って怖いよな
118 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:41:05.94 ID:H4xOIrn90.net
共和制末期から帝政初期のローマ軍は歴史上最も強い軍隊の一つやで
あれだけ統率され戦列を維持し柔軟に散兵戦術へも移行出来
歩兵騎兵弓兵と連携できた軍隊はそうない
125 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:42:05.17 ID:WTlu/wnQa.net
>>118
マリウスの軍制改革ってその辺やっけ?
159 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:46:44.47 ID:H4xOIrn90.net
>>125
マリウスの軍政改革は職業軍人への道を開いたことやな
それまでは貴族や自由市民が兵となってたが
職業軍人化への道が開いたことで訓練に費やす時間が出来
非常に命令系統がしっかりした質の高い軍隊へと変質するきっかけになった
175 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:49:12.66 ID:WTlu/wnQa.net
>>159
中世から近代的常備軍への移行見てても思うけどやっぱ職業軍人って重要なんやな
当たり前っちゃ当たり前やけど
206 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:54:46.35 ID:H4xOIrn90.net
>>175
だから共和制末期から帝政初期のローマ軍は歴史上最強の一つと認識されとる

あとローマのレギオンが凄かったのは歩兵騎兵弓兵と複合兵種が連携して機能したこと
今の軍隊では普通のことだけどその時代その時代で強い国の軍ってのは
だいたいこの複合兵種が連携して機能した軍なんよ
157 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:46:36.10 ID:zW1d1Xqn0.net
ファランクスは足を引っ掛ける縄を罠に仕掛けておいたら効きそうな気がする
171 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:47:53.08 ID:s7dDslsPr.net
>>157
マキビシみたいなんでええやん
158 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:46:40.25 ID:xhmquZ8K0.net
塹壕掘っとけば進めなくなって終わりやろ
163 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:47:07.74 ID:rGKAJmt50.net
当時の戦争は槌と金どこ戦術が王道やな 歩兵同士でぶつけて 機動力のある騎兵なんかで相手の背後をとるという
176 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:49:36.43 ID:YBgRxbfF0.net
釣り野伏せは
「本気で戦って本気で逃げて、調子に乗って追撃してきた相手を包囲殲滅」

せやから、きちんと統制取れとって
調子に乗らへん軍隊相手には通じへんのとちゃうかな
186 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:51:39.58 ID:8H6L2mbq0.net
>>176
スパルタには通用せんかったらしいな、パルティアンショットで誘い出そうとするも
微動だにせずに、逆に近づきすぎた連中が走って追いつかれて殺されたし
198 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:53:43.42 ID:YBgRxbfF0.net
>>186
統率力だけで言うたら歴代最強やろね
199 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:54:01.77 ID:oXmVygUG0.net
知識がある奴の僕の考えた最強陣形とか聞いてみたいわ
207 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:55:26.53 ID:rkkfWFZ40.net
>>199
ナポレオンがエジプトでやった方陣やろなあ
まあ古来からあるけど砲との組み合わせがいいという意味で
203 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:54:29.91 ID:rGKAJmt50.net
すまんな基本ファランクスつかって戦う時って広く見晴らしのいい平地で陣形を組んでやることが前提となるから平地での戦闘時には最強ってことや
あとは釣り野伏しかけるにしてもこの時代横にかなり長く陣形とって行軍してぶつかり合うのがセオリーやったから釣り野伏成功させるには相手に陣形を解かせて追い込み状態にさせる必要があるんやないか?
205 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:54:38.88 ID:g+3+WnWi0.net
なんで廃れたんや 機動戦にでも弱かったんか
216 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:57:29.67 ID:H4xOIrn90.net
>>205
広い平地ばかりではないのでそういうところでは機能しない
行軍スピードがクソとろく騎兵による横や後方からの攻撃に対応できない
212 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:56:26.65 ID:zc/znn1I0.net
武器自弁原則を撤廃したのはマリウスの手腕が光る
でも傭兵ばかりになると国は滅んでしまう
愛国心のある兵士が必要なんだ
240 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:02:14.06 ID:H4xOIrn90.net
>>212
まぁマリウスの軍政改革は効果あったがローマの変容をもたらしたからな
帝政初期までのローマ軍はローマ市民権を有した職業軍人だったが
帝政前期にもなると徐々に蛮族がローマ軍の主力になっていき
それまで築き上げたローマレギオンの質が早くも変わった
特にローマの西側でそれが顕著だった

蛮族がローマ軍の主力になるうちに武器も蛮族のものにかわりそのため戦術も変化した
218 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:57:48.59 ID:LwOJSdWj0.net
222 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:58:43.59 ID:cMtYwi6Ca.net
>>218
gowやっけ
227 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:59:15.39 ID:LwOJSdWj0.net
>>222
デモンズなんだよなぁ
230 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 03:59:27.29 ID:KcaQvXNT0.net
>>218
はい火炎壺
233 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:00:11.03 ID:zW1d1Xqn0.net
>>218


これ突っ込ませようや
241 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:02:34.03 ID:Vem/Ob/X0.net
こんなん矢を放てば余裕やんけ
246 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:03:18.94 ID:zW1d1Xqn0.net
>>241
基本盾鎧で防いで
あとは後ろの槍で矢を叩き落とす仕組みらしい
243 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:02:49.85 ID:SzXYx2sC0.net
こんときの中国はどんな戦術だったの?
248 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:03:49.89 ID:MuoCDid80.net
>>243
10万単位で三国志並の戦をしてたやで
251 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:04:53.51 ID:yoeJSJvo0.net
>>248
やっぱり中国ってヤバイわ
260 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:06:58.69 ID:MuoCDid80.net
>>251
だてに四千年って言われてないからヤバイで
紀元前700年かそこらに40万人生き埋めにしたりと、基本的に中国は桁が可笑しいわ
265 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:08:14.27 ID:WTlu/wnQa.net
>>260
規模もさることながら連弩とかあったんやなかったっけ
あれもうちょっと後やっけ
272 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:09:22.34 ID:MuoCDid80.net
>>265
諸葛孔明が連弩の開発者やから三世紀くらいやな
247 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:03:26.19 ID:WTlu/wnQa.net
実際テルシオとか使われてるの考えるとファランクスみたいな機動力なくて防御力高い陣形クッソ強いよな
266 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:08:40.02 ID:H4xOIrn90.net
>>247
テルシオの素晴らしさは複合兵種を連携する戦術だったこと
だから一時代を築けた

どんな時代であれ歩兵と他の兵種が連携できる
かどうかが勝利の分かれ目
276 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:10:45.85 ID:WTlu/wnQa.net
>>266
あれもマスケットとアーケバスとパイクの連携やもんな
286 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:13:55.17 ID:H4xOIrn90.net
>>276
そう

中世の騎士の時代も騎馬突撃を有効に機能させるためには
弓兵による攻撃で相手の騎兵を牽制し
騎兵を守る盾となる歩兵が連携してはじめて騎士による騎馬突撃が効果を発揮したしな
278 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:11:09.54 ID:H4xOIrn90.net
中国の人数は盛りすぎやで
10万の動員とかどんだけ食糧いると思ってんねん
そしてその命令が10万規模で行き届くように運用できたか考えれば
わかりそうなもんやで
281 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:12:09.43 ID:2gGlKnSH0.net
>>278
三国志できる最大の動員数をした赤壁でも23万くらいらしいな
それでもどうかしとるけど
282 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:12:23.10 ID:MuoCDid80.net
>>278
米とかいう優良穀物が不可能を可能にしたらしいで
303 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:19:34.84 ID:H4xOIrn90.net
>>282>>284
その食糧を戦場となりうる行軍している連中へ輸送すること考えれば
10万の戦闘兵がいればその三倍の人員割かないとあかんのやで
実際は10万だとするとそのうち1/3の3万ほぢが戦闘兵であとは輸送隊やろね
それならまだ可能な範囲だわな

モータリゼーション化されてない時代に物資輸送が如何に大変か
331 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:28:27.79 ID:DDQ8QSzw0.net
>>303
中国で動員数「衆」と言った場合は輸送や工兵を含んだ総動員数のことやで
340 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:31:12.10 ID:H4xOIrn90.net
>>331
だから盛りすぎとるんよ中国の史書はさ
日本の戦国時代の方も結構持ってるけど
日本の戦国時代の場合恩賞の関係で動員数と負傷者が
資料として残っている場合があるから嘘であることわかっちゃうw
293 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:16:45.33 ID:rGKAJmt50.net


あぁ〜 Roma2total warやりたくなってきたんじゃ
302 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:19:02.14 ID:eNg3RMB20.net
>>293
shogun2より全然面白そうやな
315 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:22:27.64 ID:rGKAJmt50.net
>>302
まあそこは好みやとおもうけどヨーロッパから北アフリカ、中東はパキスタンあたりまでと当時の最先端地域がほとんど入ってるのも熱い(中国を除く
ガリア系とかゲルマン系の蛮族で覇をとなえるのとか楽しいんじゃ
298 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:18:19.05 ID:8H6L2mbq0.net
ワイは弩がはやらんかったのは矢をそろえる手間がかかったからと思うけどな
中国みたいに工業生産できんから一個一個の弩の企画も違うやろうし、それにあわせて
矢竹を加工する手間は弓用の矢を加工するより手間かかりそうやし
305 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:20:10.99 ID:3L3xHRHz0.net
>>298
戦場の後の所でめぼしいものを拾うくらいにやっぱ武器も貴重やったろうしな
308 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:20:45.38 ID:DqBoGuMad.net
ローマ人の物語読んでるけど、アレクサンダーの影響か東方でかなり広まってるっぽいファランクスがローマ軍にメタメタにされてて笑う
320 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:24:17.23 ID:rGKAJmt50.net
>>308
マケドニアが一枚岩だったらまだなんとかなった気もするんだがなぁ
330 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:28:02.11 ID:H4xOIrn90.net
西ローマ帝国が早々に滅んで東ローマ帝国が延命した理由の一つが軍隊の質の差だわな
東ローマ帝国は帝政初期のレギオンの系譜を受け継いでいたけど
西ローマ帝国の治める土地の方ではレギオンの蛮族化が進行し
ローマレギオンが持ってた複合兵種による統合運用がなくなったからさ
335 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:28:46.11 ID:rGKAJmt50.net
>>330
でも東ローマよくフンに滅ぼされなかったなと思う
339 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:30:49.44 ID:Ht4sFz8x0.net
どう考えても横に並べたほうが火力でるよな
ファランクスは敵が当たらない反対側の火力がた落ちや
345 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:32:31.18 ID:WfmtU46E0.net
>>1
逃げながら石か弓で射られたら一方的に負けねえか?
どう見ても走れないやろ
349 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:33:35.11 ID:rGKAJmt50.net
>>345
ファランクスの部隊オンリーやったらそうなる
351 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:34:01.58 ID:W9Bfc2kJ0.net
長槍って敵を上から叩き潰すように使うんだってな
転ばせてたら踏み殺されるってまじ?
354 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:35:56.98 ID:X9qYOE9f0.net
>>351
確かに
下手にぶっ刺して抜けなくなるより合理的やなぁ
357 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:36:30.26 ID:ZjnPUqQv0.net
紀元前に象でアルプス超えるとか言うサーカス団見たいな事してる奴らいるし
古代地中海て凄いわ
362 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:37:10.55 ID:rGKAJmt50.net
ワイローマは勉強中なんやがローマ軍が最強やった由縁てなんや? 沢山の兵種がおって散兵戦術とったってのは上で誰かがいっとったけど大体どんな戦術とって一大帝国築いたんやろ
369 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:39:16.39 ID:JKwCjL610.net
>>362
戦術もあるけど一番大事だったのって国力じゃねえかな
蛮族が毛皮着てうっほうっほやってた頃に石造りのでっかい水道橋を空中に通したりしてんだから
373 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:41:31.12 ID:ZjnPUqQv0.net
>>369
土木技術と言うか街道整備が凄いよな
ローマ時代の馬車の車輪の幅の規格が
今も鉄道で使われてるし
380 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:43:31.26 ID:WTlu/wnQa.net
>>369
ローマの建築技術の高さはヤバイよな
水道橋の精度滅茶苦茶高いしコンクリとか作ってるし
アッピア街道とかも今の状況でさえ廃れてて全盛期は馬車でも快適なぐらい整備されてたとか聞いたような
390 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:45:11.39 ID:2APJCfnC0.net
>>380
当時は石を削ってタイルのように隙間なく並べてたって塩野七生が言ってた
375 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:41:50.75 ID:H4xOIrn90.net
>>362
・職業軍人化(志願兵化)による練度の向上による個々の兵士の質と指揮系統伝達の優位性
・インフラ構築によるロジスティクスの発展
・複数兵種の統合運用
・職業軍人化によって兵農分離され生産力が低下することがなく経済疲弊を回避

共和制末期から帝政初期のローマはちょい異常
386 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:44:23.87 ID:rGKAJmt50.net
>>375
サンガツ
職業軍人化ってのはちょっとマケドニアににとるな
複合兵種の統合運用ってのは画期的やな
あとはローマはやはり技術力が違うという…
368 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:38:44.77 ID:Ht4sFz8x0.net
ファランクスは実質部隊の数の半分が機能しないようなもんや
効率悪くて行軍が遅い
376 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:41:55.40 ID:rGKAJmt50.net
ローマ兵の槍投げてから敵にぶつかっていく戦い方かっこよくてすこ
377 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:42:23.25 ID:Ht4sFz8x0.net
鉄砲なかったら武田騎馬軍って世界最強レベルちゃうの?
ちゃうか
383 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:44:00.72 ID:pZn0CbkYa.net
>>377
今で言うポニーに乗って敵近くまできたら降りて戦うんやけど強い?
389 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:44:59.40 ID:Ht4sFz8x0.net
>>383
サラブレッドのイメージ返してや
400 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:46:50.65 ID:WTlu/wnQa.net
>>389
どう戦っとったんかはわかれてるみたいやけどポニーみたいなんは確定やったとおもうで
サラブレッドは品種改良された馬やし
408 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:48:48.69 ID:8H6L2mbq0.net
>>400
そのポニーみたいってのも誤解を生むわ、ポニーは小型主のことで
ポニーときいて観光地の牧場にいるシェトランドポニーを連想するから混乱する
シェトランドポニーはポニーでも小さいほうやからな
426 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:52:05.90 ID:WTlu/wnQa.net
>>408
道産子みたいなのとかの方がええんやろか
431 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:53:53.12 ID:8H6L2mbq0.net
>>426
あれって海外の馬を掛け合わせたんやないの?
439 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:55:46.05 ID:WTlu/wnQa.net
>>431
一応日本の在来馬やなかったっけ
すまんなあんまりその辺くわしくないからなんかいい例えあったら教えてクレメンス
454 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:00:33.83 ID:8H6L2mbq0.net
>>439
木曽馬が一番近いんやなかったっけ、鎌倉時代から馬の生産地らしいし
381 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:43:46.62 ID:LbgxZvfU0.net
ローマがマケドニアをボコボコにしたときはファランクスの弱点がもろに出た
槍が長いと地面の凹凸で扱いが異常に難しくなるうえに前方しか対応できない
そこをローマは側面から騎馬隊で崩して終わり
402 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:47:10.38 ID:rGKAJmt50.net
>>381
側面を他の兵種で固めるのとあとマケドニアも騎馬を有効に運用しとけばもうちょっとなんとかなった気も
ただまあ国が分裂しとったし滅ぶべくして滅んだな
410 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:48:59.75 ID:Ht4sFz8x0.net
まあ三国無双でも戦うときは馬から降りるよな
423 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:50:45.61 ID:9WgIcdu50.net
>>410
武田も基本的に降りたらしいぬ

つーか昔から訓練してる侍ならともかく
大半は普段農民なんだから馬乗りながら戦える技術あるやつなんかそんないないわな
438 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:55:44.97 ID:H4xOIrn90.net
あと日本の馬は甲冑着た武士を乗せてトップスピードで10から20キロは出せる

想像してみたらわかるけど
100キロ以上の力士と変わらないくらいの質量が
自転車並みのスピードで突っ込んでくるんだぜ
どんだけの破壊力があるか想像つくやろ
442 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:56:57.48 ID:WfmtU46E0.net
>>438
弓で射ったら終わりやん
447 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:57:54.32 ID:MuoCDid80.net
>>442
20キロの軽トラが横一列に突っ込んで来るのに呑気に弓引けるか?
450 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:58:53.96 ID:MuoCDid80.net
>>447
正しくは軽トラが20キロで〜やなすまんな
465 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:02:35.88 ID:WfmtU46E0.net
>>447
軽トラやなくて自転車でせいぜい原チャリやろ
話を盛り過ぎや
474 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:04:52.19 ID:MuoCDid80.net
>>465
軽トラで大体100キロくらいちゃうかったっけ
自転車はしょぼ過ぎやろいくらなんでも
475 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:05:04.79 ID:GGRpN+CHa.net
>>465
馬何キロあると思ってんねん
482 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:06:59.69 ID:H4xOIrn90.net
>>465
馬約400キロ
騎馬武者体重約60キロに甲冑約30キロ
だいたい0.5トンやで
441 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:56:06.80 ID:9WgIcdu50.net
戦国時代の軍師って
過去の海外の戦法ぱくるだけで大活躍できそうやけど
金だして書物あつめて〜みたいやついなかったのか
444 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:57:32.39 ID:WTlu/wnQa.net
>>441
中国とかの兵法書は読んでたと思う
445 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:57:51.23 ID:RN743ujV0.net
>>441
そもそも書物研究すらできんし
できても日本と事情が違うから応用むずいで
457 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:01:07.80 ID:9WgIcdu50.net
>>445
陣形とかわりと応用きくやろ

それこそ戦国時代って長槍で小ファランクスみたいなことやってるやん
468 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:03:07.14 ID:JKwCjL610.net
>>457
陣形なんて日本には通用しないとこの代表みたいなもんじゃん
平野の広さが全然違うからな
446 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 04:57:53.72 ID:JKwCjL610.net
>>441
そもそも軍師など居ない

>>442
割と止まらんぞ、銃でもなかなか止まらんからな
455 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:00:41.91 ID:WfmtU46E0.net
武田の騎馬隊はそんなに強かったんか?
馬に乗りなれたやつがどれだけいたんやろか?
生活の糧に産まれたときから馬に乗ってる遊牧民とは勝手が違うやろ
463 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:02:17.16 ID:JKwCjL610.net
>>455
まず他の国はそんな馬用意出来ないからな
馬用意出来るってことは金あるってことだし、騎馬兵そのもの以外も潤ってるってことだし
473 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:04:44.42 ID:9WgIcdu50.net
>>463
なお武田は戦だけで経済糞雑魚なもよう
信玄が生きたままでも戦国時代末期の経済戦争対応できずに滅びそう
477 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:05:25.36 ID:AKrLguSPd.net
>>473
武田自体古い社会を取り戻すための野合やん
479 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:05:59.54 ID:JKwCjL610.net
>>473
そら金山あってこそだし
456 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:00:48.38 ID:5ovQniehp.net
モンゴルは騎馬弓兵
オスマントルコも騎馬兵が短い手投げ槍使って一撃離脱が基本やし
鉄砲出てくるまでは高機動で飛び道具使えたとこが最強
480 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:06:19.37 ID:isozjRou0.net
>>456
ベテランの生存率が高いのも強さの秘訣やな
461 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:01:53.32 ID:H4xOIrn90.net
あと日本の騎馬兵が降りて戦ってたのは当たり前っちゃ当たり前だわな
集団戦になり尚且つ平坦な土地が少ない日本では下馬して戦う方が理にかなったからな
これは西洋の騎士も同様でそういう土地では下馬して歩兵と共に戦ってた

騎馬武者が弓馬兵の時代は集団戦といっても規模が小さかったからな
483 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:07:01.90 ID:LbgxZvfU0.net
大陸の平野で狼から逃げ回って生き延びてきた馬のように日本の馬が走れたとは思えないけど
在来種もういないから検証すらできないのが悲しい
495 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:10:29.49 ID:8H6L2mbq0.net
>>483
木曽馬は足首がふとくて柔らかく曲がるらしい
傾斜地で生活するのに特化しとる品種らしいから
日本でも騎馬武者いけたんちゃう?
502 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:11:57.22 ID:7LZ4aDCMa.net
古代や戦国時代に生まれてこういう歩兵の最前列やらされる人生じゃなくてほんまよかったわ
507 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:12:37.85 ID:WTlu/wnQa.net
>>502
最前列じゃなくても嫌やわ
516 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:14:45.14 ID:JKwCjL610.net
>>507
武器持たずに楽器だけ鳴らす役とか絶対イヤだわ
532 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:16:33.03 ID:9WgIcdu50.net
>>516
楽器は当時モテモテやで
大体隊長的なやつの愛人なってるし

現代でも軍隊に音楽隊いるがあれ必要なんですかね
547 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:18:40.16 ID:JKwCjL610.net
>>532
モテても砲弾飛んでるとこで銃握らずに恐怖に耐えられる気がしない
現代のは最前線とかより儀礼や慰安用だろなあ
552 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:19:30.10 ID:RN743ujV0.net
>>532
アレは外交と儀式に使うんやで
やる気を上げるのが儀式やからバカにしたらアカン
533 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:16:41.73 ID:WTlu/wnQa.net
>>516
軍楽隊とかラッパ手とかも責任重大やしなぁ
514 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:14:21.34 ID:AKrLguSPd.net
中世前期ヨーロッパのゲルマン国家がどんな戦争してたのか気になる
531 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:16:30.49 ID:H4xOIrn90.net
>>514
騎兵と弓兵と歩兵の組み合わせやで
中世に渡って模索され続けた如何に騎兵の突撃を成功させるかってのに重きがおかれた
542 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:18:10.94 ID:AKrLguSPd.net
>>531
そんな賢い戦争してたんか
百年戦争あたりが一番頭の悪い戦い方をしてたってこと?
フス戦争の十字軍側の戦いぶりを聞いたらアホとしか思えなかった
558 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:20:01.46 ID:L9s6RLiA0.net
木曽馬は400キロもあるんか?
サラブレッドでも小さい馬は400割るのに
568 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:21:02.02 ID:8H6L2mbq0.net
>>558
サラブレッドは馬にしては異常な体格らしいし
人間でいうならアンガールズ田中みたいな感じやろ
589 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:24:37.84 ID:Lood5rx60.net
春秋時代の中国がどんな戦してたか気になる
敵本陣まで行ったら相手の総大将から褒美貰えるってどんな世界観やねん
607 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:27:20.34 ID:FTBFUNsw0.net
確か戦国時代もタヒ傷の理由トップは投石やろ?
それもスリングとかじゃなくて普通に石拾って投げ合うとかいう
612 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:27:55.79 ID:9WgIcdu50.net
>>607
鉄砲でるまで一位は弓
631 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:31:18.22 ID:RN743ujV0.net
>>607
単純なものほど使いやすいからしゃーない
鉄砲なんて整備めんどくさいゴミやん
621 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:29:50.45 ID:cIkBFsaE0.net
投石紐強そう
622 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:30:13.92 ID:cPZG0hCD0.net
正直戦争は槍と剣と弓と馬でやってた頃の方が面白そうンゴねえ…
627 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:30:58.73 ID:MO/IAzdZ0.net
投石って弓と比べてどうなん?
威力とか射程とか
642 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:33:33.16 ID:H4xOIrn90.net
>>627
足軽の戦列をかき乱すことはできるから有効やで
あと石による怪我っていうが当時の火縄銃は石の弾もぶっ放してたからその傷もある
鉛玉による怪我とは区別されてた
659 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:36:13.66 ID:MO/IAzdZ0.net
>>642
>>643
サンガツ
弓とは微妙に役割ちがうんやな
667 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:37:48.06 ID:9WgIcdu50.net
>>659
矢はもってかないといけないけど

石は山の砦を軽装で裏から攻めて乗っ取る
下からくる敵にそこらへんの石投げまくるとかできるからな
673 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:39:02.44 ID:JKwCjL610.net
>>667
投石用の石も事前に準備してただろ
そら矢とは比べ物にならないけども
646 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:34:18.89 ID:RN743ujV0.net
>>627
やきう見てないんか
628 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:31:04.73 ID:9rv0ZArg0.net
数十人が一斉に投石してきたらそりゃ痛いどころやないわ
636 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:32:22.67 ID:JKwCjL610.net
スリングは弓以上に熟練が必要らしいな

スリングはまだ分かるんだけどブーメランなんてあれどうやって狩りに使うんだ
当たる気がしない
647 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:34:24.59 ID:AKrLguSPd.net
ギリシアの火って何だったのかまだ分かってないんか
655 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:35:36.16 ID:MuoCDid80.net
>>647
色んな説があるけど解はまだやな
個人的に松脂硝石タールの化合物説推すけど
665 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/27(木) 05:37:23.00 ID:2MAtX0Qi0.net
ファランクスの利点は心理
弓銃の重要性や馬戦車もな

勝手に殺人集団とか戦士にしてるけどおまえらとあんまかわらん人間やからな
漫画とか切りまくってるけど痛いし怖いから
士気とかハッタリが重要なんやで。ヤンキーとかもほぼせやろ
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1477506208/

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット